洗濯は祈りである

高校生の息子のYシャツの汚れは洗濯機では落ちにくい。 幼い時にアトピーだったので、今でも合成洗剤を使っていないからなおさらだ。 ある日、いつものように洗面器にお湯をためて別洗いをしていると、Yシャツが息子の身体の延長のように思えてきた。 彼を包み込み、守ってくれていることに、なんだか嬉しくなった。

それから「いつもありがとう、これからも守ってね」 と語りかけながら手洗いをしている。 私の朝の楽しい日課となった。


最新記事・ブログ