子どもの芽を伸ばすために


子どもの見えている世界と

大人の見える世界は違います。

子どもの絵には素直な気持ちが表れます。

子どもにとって、今、描いている世界が真実なのです。

ですから、大人の眼(価値観)で

彼らたちの絵を評価しないようにしてください。

「これ、変じゃない?」「こうじゃないでしょ。」

「もっと、こうしたら」などと、大人がつい言ってしまうと

子どもは想像以上に傷つきます。

子どもの感じている世界を否定することは、

ありのままの自分を認められていない~自分はだめだ

というネガティブな感情につながります。

私は、それが原因で絵を描くことや自分を表現することが

憶病になった子どもたちをたくさん知っています。

どうぞ、子どもの絵を見ながら、

「どんな気持ちで描いたの?」と聞いてみてください。

子どもはキラキラした目で話してくれるでしょう。

子どもが感じている世界を一緒に楽しむことが、

子どものやる気スイッチをONにします。

子どもは誰でも才能をもっています。

それを引き出して、伸ばすのが大人の役目だと思うのです。

親と先生と地域が子どもの本当の幸せを基軸に

連携し合えたらどんなに素晴らしいでしょう。


最新記事・ブログ