忘れられない夏の出来事2017


呼び鈴を聞いてドアを開けると

暑い日差しの中にY夫人が、杖で体を支えながら立っていた。

「あの絵が忘れられなくて、来てしまったの」

私は突然の訪問にびっくりしたが、その言葉を聞いてもっと驚いた。

彼女は7年前に息子さんをなくされ、ご自身も病気と闘いながら

一生懸命に仕事をされている。

私たちが5年ぶりに再開したのは、7月の展覧会の会場だった。

「あの絵を見たら、もう私は闇の中から抜けたと思ったの。

家に帰っても忘れられなくて・・毎日見ていたいと思ったの」

私は彼女の表情を見ながら、目頭が熱くなってしまった。

私の描いた絵に涙を流してくれる人がいたなんて・・

嬉しさと同時に身の引き締まる思いがした。

精進を重ねるということの意味を深く感じた。

彼女の部屋に飾られた私の絵は

今日も彼女と会話しているに違いない。

さあ、私の今日を精いっぱい生きよう。


最新記事・ブログ